稲川淳二の怪談ナイト

怪談古希 四半世紀連続公演

作品紹介

稲川淳二の怪談 MYSTERY NIGHT TOUR Selection18

NEW!!
稲川淳二の怪談
MYSTERY NIGHT TOUR Selection18

「蛍 火」~心を癒す怪談集 Ⅱ~

2017年 6月9日発売
<MNT-18>
¥2,500 +(税)

怖いばかりが怪談ではない。優しさや思いやりや癒しがそこにはある。
“稲川怪談”不朽の名作「蛍 火」を含む全6話収録!

 
1. Introduction 
2. トマト畑 (2009)
トマト畑の向こうに広がる入道雲。
風に揺れる白いワンピース。
少年時代の淡い思い出。
稲穂の香る夏の風は穏やかで、あの頃のままだった…
3. 宿り霊 (2015)
地方から上京して来た二人。
すれ違う日々のくり返しと、その末の悲しい結末。
男の思い、女の情。
二人が暮らしたこの狭い部屋には、尽きることのない思い出が残されていた…
4. 身代わり人形 (2000)
和歌山県にある淡島神社の宮司さんから聞かせて頂いたお話です。
婦人病や安産にもご利益のある神社なんですが、実は人形神社としても
その名を全国に博しておられますよね。
これまでにもたくさんの不思議なお話を聞かせて頂きましたが、
本当にいいお話ばかりなんですよ。
何せ歴史がありますもんね…
5. 五月人形の思い出 (1997)
私の怪談の中には、異なる時間軸が錯綜するような不思議な話がいくつかあります。
家族の愛や親子の絆というものは、時空をも超えるものなんでしょう…
6. 津軽平野 (2014)
津軽平野の降りしきる雪の中で、自らの命を絶った一人の女性。
霊となって雪国をさまよう理由は…?
ポケットの中には、わずかな小銭とファミリーレストランのレシートが残されていた…
7. 蛍火 (2007)
「カズくん、お姉ちゃんと蛍狩りに行こうか…」
幼い甥を連れて蛍狩りにでかけた。
明かりの下で、この子を見ているのが辛かったから…

※年号はツアー発表時のものです。

通信販売お申込み方法

前のページに戻る

PAGE TOP